株式投資をする際のポイント

日本の株価が長期的に低迷している今の時期に「株式投資」を始めようと考えている人も少なくないかもしれません。
しかし、「株式投資」についても、「FX(外国為替証拠金取引)」と同じ様に、大きなリスクを伴いますので、リスク管理には十分留意する必要があるでしょう。

 

今回は初心者の方の為に、私の考えるリスク管理のポイントをご紹介します。

 

まずひとつ目は「信用取引は行わない」と言うことでしょう。
「信用取引」を行うことで、大きな取引を行うことができるので期待できるリターンも大きくなります。
しかし、同時にリスクも大きくなるので、初心者の方は「現物取引」でコツコツと始めるのが良いでしょう。

 

ふたつ目は「常に資金に余力を持たせておく」ことです。
資金に余裕を持たせておくことで、万が一株価が大きく値下がりしてしまった場合にも「ナンピン」というテクニックを使うことができ、「含み損」を放置しなければならない可能性が減少します。
例えば、30,000円の株を1株購入したとします。
しばらくして30,000円の株価が10,000円に値下がりしてしまいました。
資金に余裕がない場合の選択肢は大きく二つです。
ひとつは損を覚悟で株を売却するか、「含み損」を抱えたまま株を保有し続けるかです。

 

この時、資金に余裕があれば、10,000円に値下がりした株を買い増すことができます。
そうすると1株当たりの取得平均株価が下がります。
例えば、追加で4株購入すると、1株当たりの購入単価は14,000円になります。

 

株価が30,000円になるまで待つよりも、14,000になるまで待つ方がかなり時間が短縮されます。

 

このように「常に資金に余力をもたせておく」ことで、損をするリスクを低くすることができます。

ネット証券での取引ポイント記事一覧

口座開設

日本でインターネットの株取引ができるようになって10年以上がたちますが、その中で一番変わったものが、信用取引であると言えるでしょう。インターネットで信用取引ができるようになるまで、個人投資家にとって、信用取引は非常に遠い存在でした。それは信用取引を開始するに当たっては、厳しい審査があることなどが高い...

≫続きを読む

 

システムトレード

私はネット専業証券と従来の対面型証券の両方に口座を持っています。従来の証券会社の口座は相続したもので親の時代からの取引をしています。ネット証券は私自身が申し込みをして口座を開設したものです。従来の証券会社との取引はいまではあまり多くありません。なんと行っても手数料の高さがどうしても取引のネックとなっ...

≫続きを読む

 

長期保有

ネットで証券を行う場合、株式投資の基本はやはり長期保有にあります。それだけ長期保有にはメリットがあるということであり、主に次にあげるようなものがあります。@利益の幅が大きいA数回しか売買をしないために総手数料が少なくて済むB想定の範囲内であれば日々の株価の動きに一喜一憂しないですむC売りたい日にシス...

≫続きを読む

 

FXのテクニックを応用

FXで相場を読むに当たって、数あるテクニカル指標の中でも、もっとも知名度が高く、初心者から上級者まで多くの人に使われているのが移動平均線です。移動平均線を語る上で、決して欠かすことができないのが「グランビルの法則」です。これは実勢レートと移動平均線の動きで売り買いの信号を示す法則で、買い信号は4種類...

≫続きを読む