600円も下がると痛いです。

1万円を越えて、どういう相場になるのか楽しみでしたが円高と株安の基調に入ってだいぶ損失が増えました。

 

円安株高を期待していましたが残念です。円安を期待してFXで山を張っていましたが、思った以上にアメリカの雇用統計が悪くて円高に振れたのが痛かったです。うまく思惑が当たる事は難しく、ほとんどが外れるので約定設定を複雑にしてリスクヘッジを現在取り始めています。

 

乱高下の局面がところどころあるので、FXの場合はそこでうかうかしていたら100万円、200万円なんてものの1分でなくなるので瞬発力でトレードせずにあらかじめの約定設定で乗り切っています。

 

ユーロ圏とアメリカ圏でのバランスを考えてファンダメンタルをよく俯瞰していますが、まだまだ不透明だらけでユーロとドルと円の関係は予想を張るのが難しいままです。どのタイミングで勝負に出来るかという考えは無く、株はそのまま保有しておいてしばらく塩漬けとしていく予定です。

 

大きな指標のブレが市場を蜂の巣をつついたようにしますが、その時だけは資産が減らないように採算の注意を払って乗り切って行こうと思います。多くのエコノミストもFXとなると誰も的中するにも難しいので難解だらけです。

株式の動きに一喜一憂関連ページ

とりあえず取引に参加
インターネット環境さえあれば取引に簡単に参加できるネット証券やFXについて紹介しています。